昨日は久々の1000ポインツ超えでございました
今夜は息子と恒例の1000ポインツの宴が開催されますわ(・∀・)
いつも応援くださりあんがとうございます<(_ _)>

朝夕の涼しさで秋を感じる今日この頃
温かみのあるインテリアに意識が向いてまいります
さらにキャンドル・・・冬・・・クリスマス・・・
フィ、フィンランドに行きてぇ~~~~!(妄想が一足飛び)


そこで最近ついつい眺めてしまうのがこの2冊

建築家・小泉 隆様の「フィンランド 光の旅」
IMG_0508

そして
AALTO
IMG_0509
フィンランドの巨匠アルヴァ・アアルトの作品集でございます

フィンランド 光の旅は
フィンランドの季節の移り変わりと
IMG_0513

IMG_0514
そしてアアルトを含む
北欧が生んだ偉大な建築家の作品達を
小泉様が建築家の視点から巡る旅の記録となっております

最初にページをめくると飛び込んでくるのは
ヘルシンキ中央駅
IMG_0512
建築家エリエル・サーリネンの設計
(エーロ・サーリネンのお父様ですわ)
重厚感と暗さ、その中にある温かさと癒し
合い反するふたつを結びつけるのが光の存在
この光の取り入れ方こそ、まさに北欧建築の真髄と言えますわ
IMG_0515
北欧独特の暗さが
光をより際立たせております

表紙にもなっているユイ・レイヴィスカのグッド・シェパード教会
IMG_0516
光と音の建築家と称されるだけあって
天井から釣り下がる無数のペンダントライトがまるで旋律のよう

聖ヘンリ・エキュメニカル礼拝堂
IMG_0517
捉えた光を奥まで届かせるかのように長いアーチを描く礼拝堂
松の構造材が温かく透き通る光を生み出す幻想的な世界

光と共に
温度(温かさ)を感じる建築が多いのも
やはり北欧建築の特徴であると思います

サウナッツァロの村役場
IMG_0518
役場のくせにうちのリビングより和めそうじゃないの・・・

IMG_0519
光と木と緑と土
自然と寄り添い、共存する空間づくりは
日本建築にも共通しておりますね

こちらはAALTOより
北欧モダン建築の最高傑作
マイレア邸
IMG_0532
ゴージャスな外観とは裏腹に
木の温もりがなんとも懐かしい実家感・・・
IMG_0524
日本好きのアアルト
障子を使ったサンルームは思わず日本家屋?と見紛います
IMG_0525

「King of Wave」と呼ばれるほど曲線に拘ったアアルト
IMG_0526
自然界に直線は存在しない!と
自然そのもののような建築を生み出した
アントニオ・ガウディを思い出します

IMG_0530

【グーグル先生による直訳】

現代建築は、未成熟の新素材の使用を意味するものではなく
主な目的は、より人間的な方向で素材を洗練することです


この時代、新素材だったプラスチックや金属ではなく
木にこそ無限の可能性があると言いたかったんでしょうか

IMG_0527
なかなかのイケメンですわ

太陽が地平線をかすめるだけの北欧・フィンランドの暗くて寒い冬
その長い闇の中で
建築家達が恋焦がれるように取り込もうとした光
画像1

いつかはその光を見にフィンランドを旅したい
そんな野望を燃やす今日この頃なのでございます

IMG_0522


にほんブログ村テーマ アルヴァ・アアルト(Alvar Aalto)へアルヴァ・アアルト(Alvar Aalto)

にほんブログ村テーマ 北欧大好きへ北欧大好き

にほんブログ村テーマ 癒しは北欧インテリア^^へ癒しは北欧インテリア^^

にほんブログ村テーマ 北欧×モダン=北欧モダンへ北欧×モダン=北欧モダン


その前に早よ働いて旅費稼ぎなはれよ!のポチっとな
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村