scale

建築家と建てた北欧モダンの家。共働き夫婦が楽するシステマチックな家づくりを目指して奮闘中・・・

いや~ついに始まりましたわね~悪夢が(・∀・)怖い物見たさで初回を観てしまいましたもちろん本家とは全くの別物と思って観ましたがユージオダのしゃべり方が吹き替え版ハーヴィ意識しすぎーー!!ジェスチャーわざとらしすぎーーー!!と、ただのアメリカかぶれした日本人 ... 続きを読む
いや~
ついに始まりましたわね~悪夢が(・∀・)
34bd5500ab548280660fd0501cbac834
怖い物見たさで初回を観てしまいました
もちろん本家とは全くの別物と思って観ましたが

ユージオダのしゃべり方が
吹き替え版ハーヴィ意識しすぎーー!!
ジェスチャーわざとらしすぎーーー!!
と、ただのアメリカかぶれした日本人のようになっておりました
こちとら完全に別物と割り切って観てんだからさ
オリジナルを思い出させるような演技はやめてほしいわけよ
どんだけ頑張ってもガブリエル・マクトとは違うのよ
カイショウゴとやらでオリジナルキャラを作ればよかったのよ

その点保奈美とアンはまったく似ても似つかず
キャスティング時の想像通りで逆に清々しい
今となっては突っ込む気力も起きませんが
衝撃的なのは初回だけで回を重ねれば見慣れてきそう
中途半端に似せていつまでも本家を思い出させるよりはましですわ

そしてストーリーはというと
テンポの悪さと唖然となるご都合主義
たまたま替え玉を引き受けた相手が敵弁護士の息子
1文字違いの名前のクライアントがたまたま弁護士資格所持、海外永住

んなわけあるかーーーーーい!

母さんオレオレ!
実はさっき事故っちゃって
それがたまたま大使館の車で
大使が大怪我しちゃって
明日までに1千万払わないと国際問題にするってーーー!

ってぐらいありえんわっっ
ガチャ切りですわよ

他にもいろいろございましたよ
ルイス役がひたすら気持ち悪い
金融犯罪に関してハーヴィも一目置くほど優秀なのに
ただのまぬけにしか見えない
ハーヴィの小者感が半端ない
本家の第1話の始まりが企業のトップ争いというスケールに比べ
週刊誌のパワハラネタ差し止め
本家ハーヴィがクライアントを追い出したのに対し
へらへらとお酒を差し出すも胸ぐら掴まれてそれでも無抵抗な日本版ハーヴィ
(傲慢設定はどこいった?)
トムフォードの三つ揃えスーツをサラっと着こなすガブリエル・マクトになれとは言わんが
記憶にも残らないほど平凡なスーツでこだわりがあるように見えない
しかも大輔にもっといいスーツ買えと渡したお金がたった数万‥(多くて10万?)
吊るしのスーツしか買えませんわよ

このマイクにスーツ買えのエピソード・・
オリジナルはどうだったかしら?
もう忘れちゃったけどもっとスマートだった気がするわ

そこでアマゾンプライムでシーズン1を観てみましたわ
するとどうでしょう!
ルイス細っっ
シーズン1から早7年
あまりのルイスの激変ぶりが衝撃でございました
でもやっぱ1話目から仕事できる感出してるし威厳あるわよね~
シーズンを追うごとにどんどん愛されキャラになっていくルイスでしたが
始めの頃は仕事はできるが嫌味でひねくれたやつという憎まれキャラでした
懐かしいわ…

さて肝心のスーツのエピソードはといいますと
マイクから5着で500ドルのスーツと聞いて呆れるハーヴィ
→弁護士は身なりで判断されるんだと言ってテーラーの名刺を渡す
→マイク来店、店員にバカにされるもハーヴィスペクターの名前を出すと態度急変
→こちらから値段の順に並んでおります・・と言われた一番手前のスーツが12000ドル
 (つまり最低でもその価格)
→だめだこりゃと店を出るマイク
→悪友の2000ドルのスーツ数着とドラッグを交換

という流れで無事スーツを手に入れたマイクでしたが
カイが渡した金額・・悪友のスーツよりも安いじゃないのっ
ガブリエルも草場の陰で泣いてますわよ
更にクライアントに「あなたじゃ話にならない」とか言われるチカの舐められ感ときたら( ;∀;)
とても超一流弁護士事務所のトップに見えないわ

まあそんなキャラやストーリーに突っ込みどころ満載でございましたが
やはり筆舌に尽くしがたいのが
インテリアの悲惨さでございましょう

アッパー感ゼロ(・∀・)

ちょっと高級そうなやつ寄せ集めてみましたー的な
テイストバラバラ、配色バラバラ
やたらギラギラした家具と建具
チカのあの下品なデスクはなんなの一体
シート貼りのような安っぽい床
あちこち埋め込まれたLED照明
あれじゃただのバブリーインテリアでございましょう
モダンと成金勘違いしちゃってる?
とにかくダサい。ダサすぎる
本家の美術担当も草場の陰で泣いてますわ

「たとえこの部屋にハーヴィがいたとしてダサさは変わらないでしょう」
まさしくイエスでございます
では何がここまでダサくさせているのか?

それは照明と天井と床よ♡
1535027363666

まずは照明
これがもうとんでもなくセンスない
例えるなら
ストロボを使って撮った写真と自然光で撮った写真
そのぐらい違います
真上から照らす明るすぎるLED照明でベターっと真っ白
陰影がない
あれじゃ例え高級家具を置いててもチープにしか映らないでしょう
本家SUITSは自然光と間接照明を実にうまく使い分けております

画像1
少しはこの照明センスを見習ってほしい
日本のドラマは隅々まで煌々と光を当てないと成り立たないのか
明るすぎてマテリアルの陰影が飛んでしまってるのよ
だから何並べてもペラペラと安っぽい
そしてギラギラ光る
本家はもっと全体的に薄暗くて電球色の間接照明で変化をつけてるのよ
それがより一層インテリアを上質に見せてるのだわ

2点目は天井高
部屋の狭さにこの天井の低さ
躯体からしてアッパー感ゼロ

3点目は床と天井素材のチープさ
天井はいかにも事務所でございな石膏ボード貼り
そしてビニールシートのような床
いくらゴージャスな家具を置いてもこの素材では台無し

狭苦しい空間にチープな素材、昼光色の照明・・
これだけ揃えば例えガブリエル・マクトが立っていてもダサいでしょう

以上3点が
どうやってもクソダサく見える要因でございましょうね~(・∀・)
そうそう、カイの自宅インテリアもひどかったわね
事務所同様ただ高級()家具を並べてみただけ
安定のバラバラさだったわ
しかもなんなのあのソファーの白いステッチは
カジュアルぶっこんでくるんじゃないわよ

カラー抑えめのモダンインテリアは
とにかく質感と統一感!
そして光で素材の陰影を出す
これなくしては成り立たないのよ

それにしても
改めて思いましたのよ

小者なハーヴィとジェシカ
存在感のないレイチェルとアホっぽいドナ
キモイだけのルイス
天才さが伝わらないマイク
そして安いスーツと安いインテリア

これって”SUITS”である必要あるの?!
ただの弁護士ドラマで十分でしょうが
99.9%やリーガルハイのほうがよっぽど面白いわ


というわけで本日のウエメ台詞

だからSUITS(風)にしろって言ったのよ
1535027363666



来週からもう観ませんわ
わてもわてものポチっとな(・∀・)